プノンペンに来て1ヶ月、働けると思っていた病院に最後に蹴られてから、当初の計画が全て狂ってしまいました。

でも今となっては、大好きなバンコクに住めることになったのだから良かったと思っています。

プノンペンはまだまだ、基本的なインフラも整って無くて、住むにはしんどいという感じでした。

アパートを決める時に手伝って貰ったエージェンシーの女の子に連絡して、プノンペンに居られなくなったからアパートを引きはらいたい旨を伝えました。

それで、借りた時に預けていたデポジット(敷金)をできれば返して貰いたいと思って、交渉しています。

というのは、確かにアパートの案内をして貰っている時に、カンボジアでは契約した期間住まなかった場合にはデポジットは返って来ないような話をちらっと聞いでいたんですが、契約書にはそんなこと一言も触れられてなかったからです。

しかも、私達がアパートに引っ越した時には彼女はもうすでに帰ってしまっていて、契約書にサインする時にはデポジットに限らず、何の説明も受けてないんですよね。

だからそのことを話すと、オーナーと相談してくれると言ってくれました。

バンコクでアパートを借りるにもデポジットが必要なので、なんとか返して欲しい。

バンコクへのチケットは、明日の夜の便をエアアジアで取得しました。

安く済ませるためにバスでバンコクに行くことも考えたけど、荷物も多いし彼がVISAで問題になると嫌だと心配するので割高だけど飛行機使うことにしました。

飛行機だと1時間10分だそうで、本当にあっという間のフライトですね。

ただエアアジアは前回荷物の件で揉めて飛行機に乗れなかったので、今回は慎重に手荷物をあらかじめ測り、必要分の手荷物料金を支払って準備をしました。

エアアジアとかLLCはチケット代が安い分、手荷物の重量オーバーには凄く厳しいですよね。カウンターで購入分よりもオーバーしてるとひどい金額を請求されます。

だからそんなカモにならないように、手荷物はあらかじめしっかりと測って必要分を購入しておきましょう。

プノンペンでの滞在もあと2日ですが、バンコクからも近いので、また遊びに来ることもあるかと思います。

まずは就労VISAの申請で、ここに戻って来ることになるかもしれませんね。