ワンボックスカーでバンコクのオンヌットを18時半頃に出発し、途中3回ほどトイレ休憩をしながら、ラオスとの国境であるノンカイにたどり着いたのが、朝の4時前くらいでした。

朝4時なので、まだまだ辺りは薄暗いです。

ノンカイではまだまだ薄暗い中、コーヒーを飲んだりしながら6時になるまで待ちました。

ちなみにラオスではバーツが使えますがお釣りはラオスのお金であるキップになるので、途中のセブンイレブンで、20バーツや50バーツなどの小さな紙幣をたくさん作っておくと良いです。

5時半くらいになると、国境付近に移動しましたが、みんな我先にと前に前に並びます。ガードマンもとくに注意しないので、みんなだんだんジリジリと前に進んでいきます。

辺りが明るくなった頃、ようやく国境が開いたようで、一斉に走って向こうまで渡る人達を横目に見ながら、私たちはゆっくりと歩いて渡りました。

出国審査用の建物に着くと、ツアーの人の指示に従って移動し、手続きを済ませます。

ラオスへの入国手続きはツアースタッフが代わりしてくれるということだったので、私たちはパスポートをスタッフに渡したまま、パスポートなしでラオスに入国しました。

その後はラオス側で待っていた車に乗って、そのままラオスのタイ大使館へ向かいます。

パスポートはラオスのタイ大使館の前で返して貰ったのですが、ちゃんとラオス入国のスタンプが押されていました。

大使館に着いてもまだ朝早くて開いてないので、しばらく門の外で並んで待たされます。

女の人が、並んでいる私たちに何とか物を買って貰おうと交渉してきます。

ラオスのタイ大使館前で並んでいる

大使館の中に入ってもまた結構待たないといけなかったので、本など持って行くと良いです。私もツアーに同乗してた他の女の子から借りた、自転車で世界を旅した人の本を読みながら待ちました。

やっと手続きが開始されて書類とパスポートを渡すと、番号札を貰いました。翌日パスポートを貰うのにこの番号順に呼ばれるので、失くさないようにしましょう。

番号を貰った後、観光ビザの人たちはさっさとホテルに帰って行ったのですが、私だけはまた少し待っているように言われました。観光ビザと違ってBビザは提出書類も多いので、書類に不備がないかをチェックする間待たされていたのかなと思います。

そうやってしばらく待たされてましたが、30分くらい経つとようやく今日はもう終わりだから帰って良いということになり、ホテルに連れて行ってもらいました。

ホテルに着くと、ツアー代金に含まれている食事の一回目である朝食が出されました。確か3つくらいから選べた気がしますが、私はガパオライスにしました。結構美味しかったです。スープはお湯みたいで不味かったですが。

部屋は、思っていたより良かったです。質素ですがとりあえず清潔で、ベッドもダブルベッドに一人で寝れて快適でした。

ラオスで泊まったホテル

疲れていたので、シャワーを浴びてすぐにベッドに倒れ込みました。

夜ご飯はメコン川近くまで車で連れて行ってもらえることになっていたので、それまでずっとホテルで昼寝したりテレビを見たりして過ごしました。

夜ご飯は同じツアーの人と一緒にラオス料理を食べました。ちょっと高かったけど、すごく美味しかったです。タイ北部の料理と同じような感じですね。

ラオスで食べたラオス料理