最近ぜんぜん更新をしていませんでしたが、まだ元気でバンコクで暮らしています。

平日は仕事で、週末はマッサージに行ったりカフェで過ごしたりして楽しんでいます。

去年の終わりくらいから、事情があって旦那と離れ離れなので、寂しい部分もありますが、一人の時間を気楽に楽しめているところもあります。

ただ最初は気楽でいいなと思っていたんだけれど、だんだんと寂しく感じるようにはなってきていますね~。

旦那からの帰って来てアピールも凄いし、旦那に仕事さえ見つかったら、日本に帰ってもいいかななんて考えています。

タイのカシコン銀行でクレジットカードを作ってみた

タイで一定期間働くと、クレジットカードが作れます。だいたいは6ヵ月で作れるところが多いです。

私は給与の受け取りがカシコン銀行なので、さっそく6か月分の給与明細とパスポートを持って早速クレジットカードを作ってきました。

カウンターに座ると、日本人?って聞かれ、なんだか初めから好感触を持たれた感じです。

日本人は最低給与額が5万バーツだから、いきなりプレミアムカードを勧められるよって同僚が言っていたけれど、実際本当に、プレミアムのカードを勧められました。

プレミアムカードだと年会費が3500バーツくらいかかるのが嫌だったんですが、年に12回以上使えばチャージされないということだったので、大丈夫かなと思ってプレミアムカード作っちゃいました。

タイで作成したカシコン銀行のクレジットカード

まあ12回くらいは十分使うかなと思うので、年会費をチャージされる心配はないと思います。

銀行からの電話に出れず、一度クレジット申請が却下された

実はクレジットカードの作成をしに行った日の翌日から、日本に数日帰っていたせいもあり、銀行からの確認電話に出れなかったんですね。

カウンターのお兄ちゃんにも説明をしたんだけれど、3回かかってくるから大丈夫だよと言われ、まあ大丈夫かなと思っていたんです。

最後に電話がかかってきた日には、バンコクに戻って来ていたのですが、ちょうど仕事でお客さんと電話で話している時だったんで、出られなかったんです。

仕事をしてるから、昼休みの12時から1時と、夕方5時半以降に電話して欲しいとあらかじめお願いをしていたのですが、全然守ってくれませんでした。そして、ほんと間が悪い時にかけてくれたものです。

というわけで、3回とも電話に応答することが出来ず、その日の夜には、連絡が取れなったために却下されたという旨のメッセージが、カシコンから送られて来てしまいました。

リクエストした時間に掛けてくれなかったからなのに~と思いながらも、仕方ないのでサポートに電話して、再度お昼休みに電話をくれるように頼んてみたら、再度電話をくれるということになりました。

それで翌日ずっと待っていたのですが、電話がなく、不安になっていたら次の日に電話がかかって来ました。ただやっぱり午後3時ごろで全然お昼休み中じゃない!笑

たまたま電話に気づいたので電話に出ることが出来たのですが、本当に電話をくれる時間をリクエストしても全くの無駄ですね。電話に出れた日の夕方、ようやくカードの発行が承認されました。

というわけで、なんとか無事にカードを作れて良かったです^^